マイニング

マイニング(採掘)とは一体何?初心者向けにわかりやすく解説

暗号通貨市場は2017年末のバブル以崩壊後、投資ファンドが投資できる場が整ってきたことで世界的に取引量が増加し日本でも取引所への新規口座開設者が増えています。

暗号通貨に興味を持った時に、理解しておきたいキーワードに「マイニング」があります。

マイニングって暗号通貨について調べるとよく聞くけど、いったい何なのでしょうか?

マイニングの説明の前に暗号通貨の成り立ちとして、ビットコインの話を少ししていきたいと思います、ビットコイン、ブロックチェーンについて理解していると、マイニングについて理解しやすくなると思います。

ビットコインの仕組み、ブロックチェーンの技術がなぜ出来たのか?

始まりは、2008年10月にネット上に「サトシ ナカモト」を名乗る人物が投稿した論文がきっかけでした。この論文は「ブロックチェーン技術を使用した中央管理者のいない決済システム」という内容のものでした。その後、この論文に賛同した複数の有志によって2009年にビットコインが誕生しました。

この「中央管理者のいない=非中央集権」の形を実現するためには、プログラムに沿って自動で取引を正確に記録する必要があります。その為に生まれたのがブロックチェーン技術です。

そして、ブロックチェーンに記録されるデータもまた自動的に承認(不正がないことの確認)作業が必要となります。

ブロックチェーンとは

例えば「AさんからBさんへ1BTC送る」「CさんがDさんへ5BTC送る」という取引があった時、それらをルールに沿った形で複数の取引記録を1つの「ブロック」と呼ばれる形にまとめます。

このブロックは生成される時に1つ前に生成され承認が完了したブロックに、チェーン(鎖)の様に新しいブロックが紐付けられ、過去の全ての取引記録と繋がっていくことからブロックチェーンと名付けられました。

マイニングとは?

マイニング(mining)とは、わかりやすく説明すると、ブロックが生成される際の検証作業のことです。

ビットコインをはじめとする暗号通貨を取引する時の記録などを、「不正がないことを確認する」作業に貢献することで新たな暗号通貨が発行され、対価として暗号通貨を得る事を指します。

ビットコインのマイニングをわかりやすく説明

ですが、マイニングには現在いろんな種類の方法が考案されている為、今回は暗号通貨に代表されるビットコインのマイニングを例にしてみます。

ビットコインのマイニングは「Proof of Work(PoW:プルーフ・オブ・ワーク)」と呼ばれる方法でマイニングを行っています。

PoWは生成されるブロックの検証作業として、難解な問題を解く競争をしています。この問題を解く人達はマイナー(マイニング業者)と呼ばれています。

マイナーは高性能なコンピューターを沢山用意し一番早く問題を解くた為に競争をしています。この競走で一番早く問題を解いた人が検証作業の対価としてBTCももらうことが出来るのです。

以前は、個人のパソコンでもマイニングができた時代がありましたが、現在はASICと呼ばれる専用のマインを使ってマイニングをしなければ対価としての報酬を得ることはほぼ不可能になっています。

マイニング2種類の方法とは?

マイニングの方法には、大きく分けて「ソロマイニング」「プールマイニング」の方法があります。

ソロマイニング

ソロマイニングとは、1人でマイニングを行うことです。

マイニングに成功すれば収益は良いですが現在のマイニングの市場を考えると費用が莫大に掛かる為、あまり現実的ではありません。そして、マイニングの専門知識が必要な為、ハードルは高いといえます。

メリット

・マイニングに成功した時は高い報酬が得られる

デメリット

・設備投資費用が高い
・マイニングに関する高い知識やスキルが必要となる

プールマイニング

プールマイニングとは、マイナーに出資して代わりにマイニングを行ってもらう方法です。

専門知識がなくてもマイニングに参加することが可能です。

出資金もマシン販売や、リース形式など業者によって形態は違いますがソロマイニングに比べ低いハードルでマイニングに参加することが可能です。

メリット

・マイナーが設備を用意し保守点検なども行ってくれる
・マイニングに関する専門的知識が必要ない
・費用面でのハードルが低い
・出資後は日々の報酬を受け取るだけで済む

デメリット

・マイニング管理手数料が掛かる
・詐欺的な案件の場合がある
・委託したマイナーが掘れないリスクがある
・サポートのやりとりが英語のみの場合がある

多様化するマイニングの種類

マイニングはビットコインに代表されるPoW以外にも現在さまざまな方法が考案されております種類は多岐に渡ります。

有名な所では下記の2つがあります。

・Proof of Work(PoW:プルーフ・オブ・ワーク)
・Proof of Stake(PoS:プルーフ・オブ・ステーク)

PoWは先に説明した通り、ビットコイン(BTC)のマイニング方法で、PoSはカルダノ(ADA)に採用されており、イーサリアム(ETH)も現在はPoWですがPoSへ移行予定です。
*2021年8月19日執筆時点

他にも、データを保存するためのストレージでのマイニングなど暗号通貨の特徴に合わせてマイニング方法が新しく考案されたりしています。

成長を続ける暗号通貨市場とマイニング市場

一般的にマイニングはメインネット公開後が一番利益が取りやすいと言われています。

これには、参加マイナーが少ないからという理由やトークン価格がこれから伸びていくからなどの理由があります。

ですが、一番大事なのは

・その暗号通貨が本当に将来的に世の中で必要とされるものなのか?
・トークンが使われる見込みはあるのか?
・マイナーは信用できるのか?
・マイナーがMLMでの販売方式していないか?

など、見極めて参加することが大事だといえます。

ファイルコイン価格形成論
<特別レポートをプレゼント>

様々な情報を精査してまとめました。

ファイルコインの価格は今後どうなるのか?

ファイルコインについて飛び交う様々な情報を精査して、レポートにまとめました。

ぜひ今すぐ下記から無料でダウンロードしてみてください。