Filecoinマイニング最新状況

暗号通貨市場で継続成長するファイルコイン。
Filecoin JP では日本国内で何処よりも早くその成長性に着目し、IPFSの可能性を伝え続けてきました。
ファイルコインのマイニングは、実際にはデータ管理・ストレージであり、
無駄な電力を大量消費しない点でも注目されています。
そして実際に非常に投資効率が高い成果となっています。
今からでもファイルコインマイニングに参加するタイミングとして遅くはありません。

Filecoin基本データ

[ 表示する ]
  • マイニングで得られるFILの数量は、Filfox の情報から見積もることができます。
    エコシステム全体
    FIL総枚数2,000,000,000FILFILの最終的な総発行枚数となります
    FIL流通量138,458,000FIL現在のFILの全体の流通量となります
    ストレージ総容量6,725,000TiB現在のストレージの全容量となります
    ストレージ増加量33,000TiB直近24時間にストレージが増えた増加量となります
    マイニング採掘量360,161FIL直近24時間に採掘された量となります
    1TiBあたりの採掘量0.05356FiL/TiB直近24時間の採掘分について、1TiBのストレージあたりの採掘量となります
    シーリングコスト状況
    担保金0.2145FIL/32GiBファイルコインのマイニングには担保FILが必要となります
    現在の有効データ32GiBをシーリングするために必要な担保金となります
    6.864FIL/1TiBマイニング単位である、1TiBあたりに必要な担保金となります
    GAS費用1.926FIL/1TiB有効データ1TiBをシーリングするために必要なGAS費用となります
    シーリングコスト合計8.790FIL/1TiB有効データ1TiBをシーリングするために必要な合計費用(担保+GAS)となります
    BurnされたFIL26,818,768FIL新規で増加するストレージのシーリングのGAS費用は全額Burnされ、市場からFILが減少します
    そして担保FILも、マイナーがペナルティを取られた場合もBurnされ、市場からFILが減少します

    ・ストレージ総量は日々増加していることが理解できます。
    ・増加するストレージに対して担保金、Burn分のFILが日々市場から吸い上げられており、これにより価格形成にうまくつながっていると考えられます。
    ・増加ストレージ分だけFILはBurnされており、マイニングによるFILの増加での流動性増加による価格下落が抑えらることにつながっていると考えられます。

  • Filecoinマイニングの採算性

    基本データを元に、現時点でのマイニング収益を検証してみました。

    1TiBのマイニングでの 準備期間終了から:

    FILの現在価格56.63USDBinanceでの現在価格
    6,279Binanceでの現在価格を円換算
    1年間での予想採掘量19.548FIL(エコシステム全体の直近24時間の採掘量) × (365日) ÷ (エコシステム全体のストレージ容量)
    管理料(30%)5.864FIL1年間での採掘量のうち30%が管理料としてマイニングプールに支払われます
    差引FIL13.683FIL(1TiBのマイニングでの 1年間での採掘量) - (それに対する管理料)
    1年間での収益774.89USD差引FILを米ドルに換算
    85,920差引FILを日本円に換算
    FILの現在価格56.63USDBinanceでの現在価格
    6,279Binanceでの現在価格を円換算
    2年間での予想採掘量39.096FIL(エコシステム全体の直近24時間の採掘量) × (365日) ÷ (エコシステム全体のストレージ容量)
    管理料(30%)11.729FIL2年間での採掘量のうち30%が管理料としてマイニングプールに支払われます
    差引FIL27.367FIL(1TiBのマイニングでの 2年間での採掘量) - (それに対する管理料)
    2年間での収益1,549.79USD差引FILを米ドルに換算
    171,840差引FILを日本円に換算
    FILの現在価格56.63USDBinanceでの現在価格
    6,279Binanceでの現在価格を円換算
    3年間での予想採掘量58.643FIL(エコシステム全体の直近24時間の採掘量) × (365日) ÷ (エコシステム全体のストレージ容量)
    管理料(30%)17.593FIL3年間での採掘量のうち30%が管理料としてマイニングプールに支払われます
    差引FIL41.050FIL(1TiBのマイニングでの 3年間での採掘量) - (それに対する管理料)
    3年間での収益2,324.68USD差引FILを米ドルに換算
    257,760差引FILを日本円に換算

    現在のFIL価格で採算性を試算すると、
    投資資金に対して 1年間 で 85,920円 の収益がもたらされることが予測できます。
    マイニング期間 3年間 では 257,760円 となります。

    ファイルコインの1TiBあたりの購入費用は 148,000円* ですので、( * 2021年6月1日~6月30日限定。以降は198,000円)
    投資費用に対して、FIL価格が現在価格と同じであれば年 58.05 % のリターンとなることが予測されます。
    マイニング期間 3年間 では 174.16 % のリターンとなることが予測されます。

    考えられるリスクは?

    ① 過剰流動性バブルの崩壊により、暗号通貨市場の暴落は必ず訪れると考えるべきでしょう(売り時が肝心です)
    ② IPFSという基幹技術が世界で思ったほど浸透しない場合、FIL価格が大きく下落する恐れもあります。
    ③ この採算点については、FILの価格が同じであることと、マイニング効率が同じであることが前提ですので、この数字は一切保証されるものではありません。

    考えられる好材料は?

    ① 既存マイナーは事業収益性の高さから、今後も大きくストレージを増強すると考えられ、これは市場のFILの流動性をさらに抑えることにつながります。
    ② 世界の多くの専門家は継続的にFILの価格が上昇していくと予測しています。FILの価格が上昇すれば収益性はさらに高まり、リスクは軽減されることになります。
    ③ Filecoin-JP で現在最も推薦するマイナーは日本国内で運営を行い、機材自体をマイニング参加者が購入する形となっており、個人・法人とも経費計上できます。

    購入金額の回収見通し

    お申し込み完了後、設備などの準備に4ヶ月程度かかり、その後マイニングが開始します。

    購入金額容量FIL価格管理費を引いた 収益FIL数/月
    148,000円*1 TiB 6,279 円 1.1 FIL
    ( * 2021年6月1日~6月30日限定。以降は198,000円)

    マイニング開始から累計資産額
    1ヶ月目1.1 FIL7,160 円
    2ヶ月目2.3 FIL14,320 円
    3ヶ月目3.4 FIL21,480 円
    4ヶ月目4.6 FIL28,640 円
    5ヶ月目5.7 FIL35,800 円
    6ヶ月目6.8 FIL42,960 円
    7ヶ月目8.0 FIL50,120 円
    8ヶ月目9.1 FIL57,280 円
    9ヶ月目10.3 FIL64,440 円
    10ヶ月目11.4 FIL71,600 円
    11ヶ月目12.5 FIL78,760 円
    12ヶ月目13.7 FIL85,920 円

    マイニング開始から 21ヶ月目に購入資金を回収する見込みになります

    Filecoin価格の上昇を見込んだシミュレーション

    ファイルコインの将来価格の予測 を反映すると、収益シミュレーションはこのようになります。

    予測価格合計資産額投資利回り
    FILUSDUSD
    現在価格56.63---------
    2021年88.45---------
    2022年100.811,379152,951103.35 %
    2023年120.683,303366,196247.43 %
    2024年145.205,961660,901446.55 %

    今すぐ こちらから マイニング参加への詳細をご確認ください!!

    Copyright © 2021 Cryptotrade Alpha All Rights Reserved.