IPFS技術

Filecoin(ファイルコイン)のIPFS技術とは何か?5つの分野を紹介

Filecoinは、画期的なファイル保管の方式であるIPFS(InterPlanetary File System)ネットワークを自立分散的に維持し、拡大するための仕組みです。ファイルの保管先に対し、暗号資産のインセンティブを出すことによって、これらの仕組みを実現します。

では、IPFSは実際にどのようなユースケースになるのか、その用途を紹介していきます。注意していただきたいのは、これはIPFSのユースケースであって、必ずしもFilecoinのユースケースに当てはまらないということです。

今回はIPFSのユースケースその2として、5つの分野を紹介します。その1がまだの方は、「Filecoin(ファイルコイン)のIPFSは何が出来るのか?5つの分野を紹介」をご覧ください。

⑥データの分散化
⑦DAppsの構築
⑧Webの分散化
⑨ブロックチェーンのユースケース
⑩分散型ID

では、それぞれ説明していきます。

⑥データの分散化

IPFSは、データを分散化してサービスの可用性を向上させることができます。

例:OrbitDBは、サーバレスの分散型P2Pデータベースです。データストレージにIPFSを使用することができます。DAppsやブロックチェーンアプリケーションなどと連携することができます。

Textileは、開発者に分散型データベース、IPFSベースのストレージ、コンテンツホスティングなどを提供します。

Textile

⑦DAppsの構築

IPFS上で分散型アプリケーション(DApps)を構築することができます。

例:SecureMyStateは、コロラドにおける運転免許証や事業登録などの、行政データを管理することができます。このDAppsは、ハッカソンによって作成されました。

AUDIUSは、IPFS上に構築された音楽ストリーミングのプラットフォームです。リスナーはプラットフォーム料金を負担することなく、音楽を聴くことができます。

AUDIUS

⑧Webの分散化

Webの一部のコア部分は中央集権化されているため、改ざんや検閲される可能性が高くなります。一方で、IPFSではこれらに耐性をもつWebを構築することができます。

例:The InterPlanetary Waybackは、IPFSでWebをアーカイブするためのツールです。Webのアーカイブの殆どは重複データになるため、IPFSの重複排除技術が大きく寄与します。

トルコ語Wikipediaのスナップショットは、検閲でアクセスできないトルコ語のWikipediaをIPFS上に保存する試みです。これにより、政府の検閲を回避することができます。

トルコ語Wikipediaのスナップショット

⑨ブロックチェーンのユースケース

IPFSは、ハッシュでコンテンツを管理するため、ユーザーは改ざんされていない正しいデータを取得することができます。これは、ブロックチェーンアプリケーションで利用される事実上の標準(デファクト・スタンダード)となっています。

Filecoinは、IPFSを開発したProtocol Labsのブロックチェーンプロジェクトです。空きストレージを第三者に貸し出すことにより、インセンティブを得ることが出来るようになります。

IOTAは、Tangleと呼ばれる有向非巡回グラフ(DAG)を採用するチェーンです。IOTAで扱うデータを、IPFSで保管することができます。

Filecoinの仕組み

⑩分散型ID

分散型IDは、Googleのように特定のサービス会社ごとにIDを格納するのではなく、分散ネットワーク上に個人データを保管し、個人の権限のみで認証を行うことができる技術のことを指します。

Elementは、コンテンツのアドレス指定とイーサリアムのスマートコントラクトを組み合わせて、ID管理を提供する取り組みをしています。
3ID Connectは、外部サービスにおけるFacebookやGoogleログインのようなOAuthと同様に、サービスにログインすることができるようになります。IDはIPFS上で保管されます。

3ID Connect

ファイルコイン白書<特別レポートをプレゼント>

様々な情報を精査してまとめました。

ファイルコインについて飛び交う様々な情報を精査して、レポートにまとめました。

ぜひ今すぐ下記から無料でダウンロードしてみてください。