ビジネス

ファイルコイン価格分析ツールの完成です!!

過剰流動性バブルが継続する中、暗号通貨市場は最も大きな上昇を見せました。しかしAI TRUSTでは3月後半の段階から、市場の節目が完全に変わっていると何度も発信し続けてきていましたが、予想通りの展開となっています。

ただし、過剰流動性バブルはしばらく続きますので、調整局面は大きな押し目買いのチャンスだとも言えます。

暗号通貨市場の変化に注意を!!

ビットコインの値上がりについては、昨年の3月以来、BTCが80万円程度の時から、様々な金融資産の中で、この後最も大きな上昇すると言い続けてきましたが、まさにその通りの展開になりました。しかし今、ビットコインに関しては、膨大な電力消費の問題を改めて指摘され、価格は軟調な状況が続いています。

イーロンマスクの発言のあと、市場の調整はいつもよりも長引いています。暗号通貨市場の主役がビットコインから変わる可能性も想定すべきでしょう。

イーサリアムが主役に変わるのか?

イーサリアムの時価総額は最近の継続的な上昇により、ビットコインの半分近くまで上昇しています。イーサリアムがPow(プルーフ・オブ・ワーク)からPos(プローフ・オブ・ステーク)に速やかに移行することができれば、暗号通貨の主役はBTCからEHTに同様に移行する可能性も高いでしょう。

そして同様に、電力消費量の少ないトークンの価値は市場の上昇率よりも、大きな上昇率を示す可能性が高いですので、同様に注目をしていきましょう。

ファイルコインがなぜ良いのか?

AI TRUSTでは、昨年9月の段階では、IPFSという基幹技術を持つ、ファイルコインが、大きく上昇する可能性が高く、マイニングが投資効率が良いと紹介してきましたが、こちらも大きな成果を参加者の皆さんにもたらしています。

ファイルコインの場合、実際のところはマイニングではなく、企業やプロジェクトから預かるストレージの保管・管理に対しての報酬としてFILの支払いが行われます。電力消費量はビットコインや他の暗号通貨のPow(プルーフ・オブ・ワーク)と比較して圧倒的に小さく、今後も継続的に上昇していくと考えています。

過剰流動性バブルはまだしばらく続く

アメリカのFRBは、ここにきての物価の上昇に対しても、金融緩和を継続する姿勢を強調しています。まだまだ世界中で行き場のない資金が溢れていますので、過剰流動性バブルは当面続くことになるでしょう。ただし必ずバブルは崩壊します。

既に様々なリスクが表面化してきています。今のところは様々な問題が起こっても、それを上回る金余りによるリスクテークにより、下げた相場は復活、上昇してきました。しかし必ず、過剰流動性バブルは崩壊するのです。その時に、最も大きな下落、ダメージを受けるのが暗号通貨市場だと考えています。

2018年の暗号通貨バブル崩壊と同様、もしくはそれ以上に大きなダメージを受けるでしょう。現在はコインマーケットキャップに掲載する多くのアルトコインも上昇しています。しかし次の崩壊では厳しい選別が行われることになり、実際の社会での活用・利用に将来性の見えないアルトコインの多くは無価値化するでしょう。

BTCトレードでは、4ヶ月で100%を超えるリターン

クリプトトレード社では、BTCの価格分析ツールを今年の頭に開発をしましたが、既に1,000人を超える人に無償で利用頂いています。こちらのツールを使っての自社でのトレードは4ヶ月で100%を超えるリターンとなりました。しかし、今はBTCトレードは行っていません。

昨年12月から3月までの期間での4ヶ月であれば、継続的に保有し続けていた方がリターンが高いのでは?そう考える人も中にはいるでしょうが、これはナンセンスな考え方です。

中長期的な視点で保有するBTCは保有し続けています。それとは別に、上昇する相場の中で上手くキャッシュ、現金を生み出すこと。こちらを行っていたのです。過去にもBTCは大きな暴落を繰り返しています。だからこそ、今回は上昇局面を利用しつつ、リスクを最小限に抑え、現金利益を生み出したのです。

FILをなぜ買い増すのか?

BTCトレードは既に終了し、現在は市場でFILを買い増しをしています。なぜかと言えば答えは明確で、FIL中長期的な上昇幅の方がBTCよりも大きいと考えているからです。そして急激な上昇があれば利確も行いつつ、基本的には中長期保有をしつつ、大きな波動の中で継続的な利益を得ていく戦略を取ります。

” FILの価格がどのように推移していくのか? ”

こちらを徹底分析したツールを完成させました。現在のFIL価格形成要因はいくつかあります。

マイナーのストレージ増強時に必要な担保及びBurnされるFIL
ファンドやETF、そしてDefiでのFILの拡大
IPFSの具体的な活用拡大
そして過剰流動性バブルの継続的な拡大

これ以外にも要因は様々あります。

そして大きく下落する要因もいくつかあります。

マイナーの採算性の悪化により新規ストレージ増強が止まれば FILの需給バランスは変わります。
過剰流動性バブルが崩壊すれば、全ての暗号通貨は大暴落します。
IPFSが思ったように浸透しなければ、失望売りにつながります。

これらの全体の状況を理解しつつ、FILの売買、さらにはマイニングで保有するFILの売却を進めれば、より効果的に大きな資産を作り上げることができるわけです。ファイルコイン マイニングに参加されている全ての方。そして暗号通貨投資家誰もが必要とするもの

” FIL価格分析ツール ” がチャーリーの監修のもと、完成しました。

こちらの価格は19,800円(税込)となります。ただし5月末まではキャンペーン期間として、14,800円(税込)で提供させて頂きます!

” FIL価格分析ツール ” は自社でのFIL売却を効果的に行うために作り上げたものです。ですので、自社でFILを保有する期間中、最低でもマイニングを行っている3年以上は情報を日々常に更新していきます。そういう意味で言っても、非常に割安であり、投資家誰もが必要とされるものとなるでしょう。

今すぐこちらから申し込みをどうぞ!!

ファイルコイン価格形成論
<特別レポートをプレゼント>

様々な情報を精査してまとめました。

ファイルコインの価格は今後どうなるのか?

ファイルコインについて飛び交う様々な情報を精査して、レポートにまとめました。

ぜひ今すぐ下記から無料でダウンロードしてみてください。