その他

Filecoin(ファイルコイン)の先物について理解する

Filecoin(ファイルコイン)に関するオープンチャットでは、しばしば「Filecoinの現物は上場されていますか?」という質問が見られます。

2020年10月4日時点で、Filecoinのメインネットはローンチされていないため、現物はどこにも上場されていません。現時点で上場されているのは先物のみになります。

Filecoin(ファイルコイン)の先物とは?

普段トレードをしない人にとって、先物という言葉は馴染みがないことでしょう。そのため、まずは先物が何かということについて軽く触れます。

松井証券の解説ページでは、先物取引について以下のように紹介されています。その後の例えが分かりやすいので、一度解説ページをご覧になることをお勧めします。

「先物取引とは、ある商品(原資産)を、将来の決められた日(期日)に、取引の時点で決められた価格で売買することを約束する取引です。」

上記に当てはめると、例えば、自分が価格が2,000円のFilecoinの先物を購入した場合、将来Filecoinの現物を得る権利を2,000円で購入したということになります。

つまり、現在市場で売買されているFilecoin先物は、Filecoin現物の引換券とも表現できます。

Filecoin(ファイルコイン)の先物が売買できる取引所

Filecoinの先物は、既に世界中の取引所で売買されています。どこに売買されているかは、以下のページより調べることができます。

CoinMarketCap: Filecoin [Futures] (FIL)
CoinGecko: Filecoin [IOU] (FIL)

実際にページにアクセスしてみると分かりますが、取引所ごとに大きな価格差があります。ここで注意していただきたいのは、その価格差を利用してアービトラージをしようとしてはいけないということです。

Filecoinの先物は、各取引所が独自に発行しているものになります。そのため、仮にA取引所の先物をB取引所に送れたとしても、原則的にB取引所でそれを売買することはできません。最悪資産を失って終わるだけになるので、くれぐれもお気をつけください。

また、取引所がFilecoinの先物を扱っている場合、メインネットローンチ後に先物保有者に現物を付与する可能性があります。そのため、マイニングで現物を保有することになる方は、それらの取引所を売買候補先として今のうちからマークしておくと良いでしょう。

今実際にFilecoinを保有したい場合は、マイニングがおすすめです。

マイニングに参加するならスタート時からが一番チャンスが大きく、マイニング報酬を日々受け取ることが可能となります。

ぜひ今すぐ下記からチェックしてみてください。

ファイルコイン価格形成論
<特別レポートをプレゼント>

様々な情報を精査してまとめました。

ファイルコインの価格は今後どうなるのか?

ファイルコインについて飛び交う様々な情報を精査して、レポートにまとめました。

ぜひ今すぐ下記から無料でダウンロードしてみてください。