ファイルコイン白書

ファイルコインの技術は他のプロジェクトの技術とは格段に差があり、IPFSの技術は需要が非常に高く、IPFSの技術自体が、世の中に早期に実装されていくだろうと予想しているからなのです。

そして既に参入する市場規模が膨大に大きく、そこでのマイニングの可能性、収益の大きさを計算すると、ファイルコインの価格自体も、ADA,カルダノの時のように価格が大幅に上昇する可能性は高く、大きく力を入れるだけの価値が高いと考えているからです。

ちなみにADAはICOと比較し、最大高値は450倍まで上昇しました。

イーサリアムは2017年1月の時点では価格は10ドル以下でした。

それが2018年1月には1,363ドルまで上昇し、価格は1年で150倍程度の値上がりとなりました。

ファイルコインはイーサリアムと同じぐらいになる可能性も

ファイルコインにはイーサリアムの熱狂、あの時と同じ匂いを感じられるのです。

無理やり作られた価格形成を行う暗号通貨については、 残念ながらその価格を維持できません。

しかしファイルコインの場合、潤沢な開発資金を持つ中で、既に多くの実証結果を出しており、上場後にまとまって売られるトークンもないことから、需要増加とともに、着実な価格形成ができていくことになると予想しています。

自分自身も両者のマイニングに参加しますが、ファイルコインについては、マイニングに投じた資金分は換金し回収しますが、それ以外の分については、ビットコインと同様に、長期的な視点で保有し続けるつもりですし、世界中のクジラと言われる暗号通貨投資家達にヒアリングしても彼らも同様の考えのようです。

ファイルコインの情報をレポートとしてまとめました

今回はその中で、ファイルコインについて飛び交う様々な情報を精査して、レポートにまとめました。

大きく分けて3つになります。

① ファイルコインの大きな可能性 (HTTPからIPFSへ)
② 先物市場のリスクと国内で乱れ飛ぶ不確かな情報(気をつけなければいけない騙されるポイント)
③ 正しいマイニングの選択のポイント

ここまでファイルコインについて書かれているものはなく、日本で一番ファイルコインの事が書かれているレポートです。

ぜひ今すぐ下記から無料でダウンロードしてみて欲しい。